たった35日で私の子供が英語を話した! (敬愛する七田先生のプログラムです)

フラッシュカードと幼児教室 ベビーパーク

フラッシュカードを教室で使っているところとして先述のように七田チャイルドアカデミーがあります。他に教室のカリキュラムの案内に明記されているのところがTOEベビーパークです。

フラッシュカードの定義や意味合いについて、諸説入り交じっているのが現状のように個人的には感じていますが、少なくともベビーパークではフラッシュカードの説明として「絵カード、単語カード、ドッツカード、百玉そろばん等を用いて、脳の各領域を刺激し、シナプスのネットワークを育てます」としています。

クラスが上がるにつれ、言葉の数が増え、理解語が増えると上位概念下位概念が認識できるようになると、説明されています。



どんな様式にも賛否両論がありがちですし、どんなものでも一つにだけ片寄るのは避けたいです。しかし幼児教室として確かなコンセプトをもって取り組んでいるベビーパークは信頼できると思います。ベビーパークでは週に一度通うことはお子様の生活の1%に過ぎないから、むしろ家庭での過ごし方が大事だとのコメントもあります。

無理やり知識を押し込むようなことを願う親御さんはいないと思いますが、ベビーパークはそういう意味でも共感がもてると感じました。

詳しくは公式サイトからご覧ください。

  >> ベビーパーク 詳細はこちらから



 




子どもにも達成感!
くわしくは
>>いまなら体験無料【めばえ教室】

育児が楽しくなるベビーパーク
叱らない育児♪の
0~3歳親子教室